P ROFILE

kinoco

E NTRIES

C OMMENTS

T RACKBACKS

L INKS

A RCHIVES

C ATEGORIES

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
雑誌JUNON「窪塚洋介、2年ぶりのインタビュー」
2005年6月23日 JUNON8月号 『映画「同じ月を見ている」の現場から窪塚洋介、2年ぶりのインタビュー』

P.5~8に写真&インタビュー掲載。

◆ロケの合間に三浦海岸で写真撮影。

◆現場に戻って来た感想など。

◆「1仕事して99メッセージするより、99仕事して1メッセージした方が伝わる」という言葉について。

◆「ドンちゃん」についての考えなど。

◆現場について、監督についてなど。


P.172「取材秘話」のコーナーにも。




スポンサーサイト
【2005/06/25 13:50】 雑誌など。 | トラックバック(0) | コメント(-) |
「同じ月を見ている」クライマックスシーン撮影
「同じ月を見ている」クライマックスシーン撮影についての記事 2005年6月16日付け

◆SANSPO.COM 『窪塚洋介、撮影に燃える!「落っこったのもいい経験」』

◆デイリースポーツonline 『不死鳥窪塚 決死のアクション』

◆スポニチ Sponichi Annex 『窪塚「1回死んだ気で」危険スタント』

nikkansports.com 『窪塚スタントなしで火中へ』

◆東京中日スポーツ 『火の海へダイブ 窪塚が復帰主演作「一度死んだ気で!!」スタントなし

◆ウェブ報知 『燃えてる窪塚、炎にダ~イブ「同じ月を見ている」ロケ』




【2005/06/19 12:01】 同じ月を見ている | トラックバック(0) | コメント(-) |
「同じ月を見ている」公式ブログ
2005年6月11日 「同じ月を見ている」公式ブログスタート。

◆『同じ月を見ている』公式ブログ
【2005/06/14 17:28】 同じ月を見ている | トラックバック(1) | コメント(-) |
めざましテレビ「復活!窪塚 壮絶クライマックス」
2005年6月10日 めざましテレビ 見たもん勝ちDX
「復活!窪塚 壮絶クライマックス」

山梨:河口湖でクライマックスの燃え上がる山小屋のシーン撮影。

撮影の合間に会見。

「現場入ったら結構身体が、復帰して・・復帰してってゆうか戻って来て。帰って来たなあと・・・。
なんつーか、まあ僕の、すごい好きな場所のひとつです」

◆Yahoo!ニュース 『窪塚洋介 クライマックスシーン熱演』

◆ORICON STYLE 『窪塚洋介 クライマックスシーン熱演』



【2005/06/14 17:24】 ワイドショーなど。 | トラックバック(0) | コメント(-) |
めざましテレビ「窪塚ナレーションに挑戦」
2005年6月7日 めざましテレビ 見たもん勝ちDX
「窪塚ナレーション 新作予告完成」

窪塚洋介 新着特報映像

特報用に新しく撮影された映像で作られており、窪塚洋介がナレーションを担当。
窪塚洋介自身、映画関連のナレーションを行うのは初めての事で、自ら志願したそう。

―ずっと、一緒にいたかった―

「3人が離れてしまったのは僕の弱さのセイだった・・・」

―声にならない痛み―

―伝えきれない想い―

「僕は独りで生きてきた」

「同じ月を見ている」

―2005・11・19―

―傷ついたって、やりなおせる―


特報は6/11(土)から映画館で上映。

「同じ月を見ている」公式サイト 特報映像




【2005/06/14 17:02】 ワイドショーなど。 | トラックバック(0) | コメント(-) |
雑誌Weeklyぴあ「独占取材!俳優窪塚洋介が語る新作映画、そして現在の自分」
2005年6月2日 Weeklyぴあ6/9号
『窪塚洋介、ついに復活です!語られる言葉の数々に新たな姿を見た』

P.8~9に独占取材掲載。

「どんな役でもやれる役者になりたい、という最初の想いに戻った」





【2005/06/14 16:44】 雑誌など。 | トラックバック(0) | コメント(-) |
ズームインSUPER「アクションもOK!窪塚さん完全復活」
2005年5月30日 ズームインSUPERで撮影現場をレポ。

エミと一緒の食事シーン。
プレゼントか?エミに渡す小さい紙袋を出して来てテーブルに乗せる。

病院前、運び込まれる患者に駆け寄るシーン。

海の見える屋上(?)を歩く鉄矢。
数人の同僚(?)達がお昼(?)を食べながら鉄矢を目で追う。
(?が多くてスイマセン;)

JR浜松町駅付近トンネル。
ドンちゃんと並んで歩いて来る鉄矢。

しゃがむドンちゃんの顔を蹴る。
飛ばされるドンちゃん。

道の端に座っていた鉄矢が立ち上がる。
鉄矢「何にもできねぇんだろうが。おい。おめえは何にもできねぇだろ!」
ドンちゃんに掴みかかる鉄矢。転がるドンちゃん。
鉄矢「エミを救えんのはオレだけなんだ、オレだけだ!!」

シーンについて監督と話し合い。
監「そこがもう一押し欲しい。感情的に」
窪「チッて言うのがあるんですよね」
顔をしかめて感情の確認。

金子(山本太郎)が鉄也の後ろから殴りかかる。
よろける鉄也。
掴みかかろうとする金子を止めるドンちゃん。

金子「(恋人に)はよ付き添ったり」
走り出す鉄矢。
金子「2度とドンの前にツラ見せんな!!」
鉄矢、全力疾走。
撮影終了。

終了後インタビュー。
山本太郎、窪塚洋介、エディソン・チャン。
「(笑いながら)身体の調子いいですよ、だいぶ。あのー、この現場入ってから、あのー、走れるようになったりとか。
やっぱり、なんて言うんすかね、現場にいた方が気持ちもいいし、体の具合も調子いいんで、撮影の方に集中できてるんで。あの、治ってきました」

山本「はっきり言って、窪塚君は僕よりも元気です。」笑「ひょっとすると僕よりも健康かもしれません。」笑「飲んでない分。お酒飲んでない分」笑「あ、たまに飲む?」
窪「たまに飲む」「今日は飲んでないですけど」
山「今から飲んでたら怖いわ」笑

「やっぱりすごい特別だし、今回のこの現場ってゆうのは、ま、個人的な理由でも特別だし。
でも、嬉しいです。現場に来れる事が」うんうんと自分でうなづく。



【2005/06/14 16:28】 ワイドショーなど。 | トラックバック(0) | コメント(-) |
雑誌JUNON「窪塚洋介、いよいよ発進す!」
2005年5月21日 JUNON7月号 『窪塚洋介、いよいよ発進す!』

P.12~15に独占写真&メッセージ掲載。

◆4月28日に行われた「同じ月を見ている」製作発表の写真とレポ。

◆5月6日に行われた都内病院での撮影現場の写真とレポ。

◆取材後に届いたメッセージ。



【2005/06/14 15:04】 雑誌など。 | トラックバック(0) | コメント(-) |
スーパーニュース「窪塚洋介に密着」
2005年5月18日 スーパーニュースで密着取材。

病院の待合室のソファーっぽい所でインタビュー。
研修医姿。隣には黒木メイサさん。
「昨日でした?一昨日だっけ?諏訪来たの(スタッフに聞く)
(スタッフ:昨日です)昨日・・・(笑)」
<何か食べたんですか?>
「ロケ弁ですね。」
<そうですか。この辺はウナギがおいしいんですけど。>
「あ、そうなんですか?」
<はい>
「それはたぶん(スタッフが)黙ってたんだと思います。(笑)」
紙コップの飲み物を飲む。
―と、ユーモアたっぷりに話す窪塚洋介さん―

病院内廊下
「よーい!スタート」

―自宅マンションでの転落からおよそ1年。
見事主演映画の現場に復帰しました―

廊下の端から歩いて来る鉄矢。
黒服の男二人が前に立ちはだかる。
「はい!OK!」

―今回窪塚さんは恋人の病を治すために努力する研修医を演じます―

廊下に置かれたイスに座りながらアクションの打ち合わせ。
次第に立ち上がりながら立ち回りの確認。
廊下に立って微笑いながら黒服二人との場面打ち合わせ(?)

―先月の製作発表で窪塚さんは―

製作発表のVTR。

「身体はそうですね、だいぶ復活しまして
ま、走ったりするのはまだ子供の方が速いですけど、上手ですけど
どんどん戻って来てるんで、当たって砕けろでやってみます」

―そんな窪塚さん撮影の合間には足を伸ばしたりするストレッチを―

廊下の壁に手をつき足を後ろに伸ばしたり、廊下の真ん中で足を大きくがに股に開いて膝に手を置き腰を捻ったり。

―そして血気迫った走るシーンも披露―

めざましと同じく怪我人姿で「どけー!」と廊下を走るシーン。

―さらに緊迫したシーンが続きます―

看護師、医師などダンゴ状態で鉄也を押さえるシーン。
「はい、カット、カット!」

―しかしカットの声がかかると笑顔でいっぱい。
和気藹々の撮影現場なんです―

―そして撮影は夜の屋外シーン―

林の中に家。燃えているようなオレンジのライト。
学生服にコート姿で打ち合わせ。
スタッフ(だからこっちは燃えてないです)
「あ、こっちは燃えてないんですか?」
ス(あの家の裏が燃えてるんです)
「そしたらなんでここにいるんですか?」
「あの後ろの森が燃えてるんですか?」
監督(森、燃えてますね。ゴォーッと上も)
「あの、こっち側には見える感じなんですか?」
監(そうですねもう全部、全部燃えてます)
「あの裏はもう燃えている」
監(はい)
ス(結構、ですから広ーい感じで)
「ああ」
スタッフの説明を聞く。
「わかりました」うなづく。

―納得行くまでスタッフと話し合う窪塚さん―

―気温が5℃以下まで下がった長野県での撮影―

林の中、学生服姿で火を見つめる鉄矢。

―そして翌朝―

菜の花畑へ車から降りて来る。
「おはようございます」

―場所は富士山のふもと山梨県―

菜の花畑での撮影の合間の様子。
よく笑っている。

―天気がいい中、窪塚さんにも自然と笑顔がこぼれます―

菜の花畑前インタビュー。めざましと同じ。
「おぉーマイクだあ、みたいななんか、おぉー!当ててる当ててるみたいな、そういう、ホントに、現場初めて行った時に、見てた、なんかポイントっちゅうか、ものを、もう1回なんか見れてるってゆうか。そういうのはありました」

菜の花畑に座り、ドンちゃんのスケッチブックを見ながら笑って話をする姿。

―本当に撮影現場が楽しくてしょうがない感じの窪塚さん―

菜の花畑の真ん中でイスに座り、絵のモデルになるエミ。

―共演の黒木メイサさんは既にこんな話を―

黒「また何年後かとかに一緒にお仕事させて頂けたらいいなって思ってますね。もう、相当・・・」
窪「明日もあるけど」
黒「そうですね。すいません(笑)そうですよね、まだまだ。」
窪「ってゆうか夜もあるからね(笑)」
黒「そうですよね。はい。(笑)」

―撮影の合間にはスタッフとカメラつき携帯電話で写真を―

スタッフと並んで写真に写る。軽く肩に手を。
カメラ「神奈川県の県立高校秀才コンビ」
窪塚「入っただけコンビだな(笑)」

畑の道に3人。

―そして共演している香港の人気俳優エディソン・チャンとは
日本語と英語を交えたこんな会話を―

エディソン・チャンと並んで
エ「Snowboard. I Like Snowboard.(スノーボード好きなんだ)」
窪「うまい?ジャンプすんの?」
ポケットに手を突っ込んだまま左足を上げる。
エ「・・・I don't know.(何言ってるかわからない)」
窪「ビフォア.アイ.ジャンプ.3m!」
左手で上を指し身振り手振り。
エ「Ya!スゴイ」

―と、趣味のスノーボードの話を。
さらに―

上着を脱いだ学生服姿、手はポケット、左右に腰を振っている。
エ「Every movie you can...you like?(自分が出た映画全部好き?)」
窪「Ya..あ、ノーノーノー!特に、ビフォア・・最初の頃、ファーストタイム。バッドムービー(演技が下手だった)(笑)」

エミを描いたスケッチブックを見せるエディソンと大笑い。

―窪塚流英会話で国境を越えた友情も生まれたようです―

菜の花畑前インタビュー。
「初心に戻るって言ったら、こう、チープな、言い方になっちゃいますけど、そういう、思いがすごく、戻って来た感じがあって。
ひとつひとつの役割を、きちんと、自分に与えられた役割を、その、こなすというか。
それを一生懸命やるっていうところに戻っての、なんか・・・
すごいシンプルな気持ちで作品に臨めてる自分がいる」

最初は緊張したという撮影現場も現在はだいぶ感覚が戻って来たと話す窪塚さん。
今回の研修医役という役作りに関しては実際のお医者さんに話を聞いたり手術シーンのビデオを見たりと、より研修医に見えるように勉強したと言う事です。



【2005/06/10 16:11】 ワイドショーなど。 | トラックバック(0) | コメント(-) |
めざましテレビ『映画「同じ月を見ている」撮影現場に密着』
2005年5月18日 めざましテレビで撮影現場をレポ。

<6時台> 
芸マガSP 『映画「同じ月を見ている」撮影現場に密着』

撮影現場:山中湖花の都公園
「おはようございます」学生服にコート姿で車から降りて来る窪塚。
菜の花畑の中でスケッチブックに絵を描くドンちゃん(エディソン・チャン)と笑顔で打ち合わせ。
スタッフと肩を組み携帯で写真を撮ってもらう様子。
病院内廊下、緑色の手術着に白衣姿で打ち合わせ。終始笑顔。
菜の花畑の道をスケッチブックを持ったエミ(黒木メイサ)、ドンちゃん、鉄也が歩く。
学生服の上着は脱ぎカバンを肩にかけている。
菜の花畑の中、腕を組みながら立っている鉄也。
「あ、オレ医者んなるよ。もし手術が失敗しても、オレが医者になって必ずエミを治してやる」

菜の花をバックにイスに座りインタビュー。
学生服の前を開けて前髪アップ。
Q.現場に復帰した感想は?
「おぉーマイクだあ、みたいななんか、おぉー!当ててる当ててるみたいな、そういう、ホントに、現場初めて行った時に、見てた、なんかポイントっちゅうか、ものを、もう1回なんか見れてるってゆうか。そういうのはありました」

エディソン・チャンの紹介。

菜の花畑の中に立つドンちゃんとエミ。
「ねえ・・・死んだら人は、どこ行っちゃうんだろ?」

隣に座ってインタビューを受ける黒木メイサの「実年齢から言うと15歳の方に近い筈なんですけど」の言葉に「ホントか?」と横から突っ込みを入れる。

撮影現場:諏訪赤十字病院
冒頭の病院内廊下のシーン。
廊下を歩いて来る鉄也の前に立ちはだかる黒服の男2人。

菜の花畑前インタビュー
「昨日、手術室(のロケ)だったんですけど、あの・・・ま、医者か、この仕事(役者)じゃなかったら患者になる以外はあそこ(手術室)に入れないじゃないですか、ま、僕は結構入ってたんですけどもぉ(笑)」

病院内廊下、足を大きく広げてストレッチ。

本番。
頭や手足に包帯、足を引きずりながら壁づたいに廊下を走って来る患者姿の鉄也。
「どけー!」「どけーー!!」
後ろから来るエミの止める声も聞かず、止めようとする看護師も振り切り廊下を曲がる。
モニターを見つめる監督。
「OK!」
本番一発でOK。
壁際で微笑みながら見ている窪塚。

道を歩く3人。
立ち止まりそれぞれ別の方を向く3人の姿。


<7時台> 
メディア見たもん勝ち 『独占 窪塚洋介 撮影快調!』

6時台のダイジェスト。

菜の花畑前インタビュー。
「すごいシンプルな気持ちで、作品に臨めてる自分がいるので、
まぁ前半、こう緊張したりとかするところはあったんですけど、2週間くらい経ってだいぶカンも戻ってきた感じで、あの、楽しくやれてるんで」



【2005/06/04 16:26】 ワイドショーなど。 | トラックバック(0) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。